AV女優は他のプロダクションへ移籍できるの?

AV女優になるためにプロダクションに所属しなければなりません。

所属してからプロダクションと肌が合わないため、移籍したいと思う女性もいるでしょう。

今回のページではAV女優がプロダクションを移籍する方法を紹介します。

 

AV女優の移籍は法的に問題ない!

まずAVプロダクションを移籍することは法的に問題ないでしょう。多くのプロダクションではマネージメント契約、または業務委託契約を結んでいるので、所属に関する拘束力は強くないからです。

 

AV女優がプロダクション移籍をスムーズに行うには?

しかし、所属のタレントに移籍されるのを寂しいと思うものですし、移籍先のプロダクションと、所属していたプロダクションの仲が険悪になるかもしれませんので、できれば移籍する際には、円満に済ませたいものです。

 

話しやすいスタッフに早めに相談する

しかしいきなり移籍を切り出すのは勇気がいるものです。そこで移籍する際には話しやすいスタッフに相談するとよいでしょう。

 

決まっている撮影は全て終わらせる

また出演が決まっているAVが残っている場合は、撮影を終わらせた上で移籍をすると遺恨が残りません。

 

どうしても不安な女性は移籍先のスタッフへ話をつけてもらう

どうしても話を切り出すのが難しい場合は、移籍先のプロダクションのスタッフに話をつけてもらうのも良いでしょう。

所属していたプロダクションと揉めたくないなど、話し合ってくれるかはプロダクションに寄りますが、代わりに話をつけてくれるかもしれません。

 

移籍する際にプロダクションから違約金を請求されたら?

中には移籍する際に、プロダクションから違約金を請求されたといった事例もあります。

移籍に伴い違約金を請求するのは、法的に無効な可能性が高いので、その場合は法テラスのような公的機関か、または弁護士へ相談すると良いでしょう。

投稿日:

Copyright© AVプロダクションの選び方! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.