AV女優のための性病対策!原因、回避策や発症時の対処法など

AV女優として働く上で、性病にならないか不安に感じる女性は少なくありません。お仕事柄、性病の心配せざるおえないお仕事ですが、プロダクション、メーカーではAV女優の方が、性病にならないための対策を行っています。

このページでは、AV女優のための性病対策についてまとめてみました。

【関連記事】

AV女優ができる病気対策の一覧

 

AV女優は性病になるリスクはあるの?

まずAV女優はAVに出演することで性病になるリスクはあるのでしょうか?

出演形態によりますが、気をつけていてもほとんどのAVに出演する女性が、性病にかかるリスクはゼロではありません。

 

性病になる可能性のあるAVのプレイとは?

ではAVに出演するとどのようなプレイで性病にかかるリスクがあるのでしょうか?

 

本番プレイ

まず本番プレイは、膣の中が性病になるリスクがあります。コンドームを着用しない撮影では、特に性病にかかるリスクが高くなります。

コンドームを着用した場合でも、万が一、ゴムが破れた場合などは、そのリスクはゼロではありません。

 

フェラ

性病になるリスクは本番行為だけではありません。性病を患っていた男性器にフェラすると、口の中に性病が発生するリスクがあります。

 

クンニ

また口の中に性病が発症した男優さんにクンニしてもらった場合、膣の部分に性病が感染る可能性があります。

 

プロダクション、メーカーが行っているAV女優のための性病対策

ではAV女優が性病にかからないために、業界側はどのような対策を行ってくれるのでしょうか?

 

男優含め出演者全員への性病検査

まずは女優さんだけでなく、男優さんも性病検査が必須です。

検査を受けたかわからない男性の相手をする風俗と比べ、男優さんはメーカーが管理しているので安心できます。

 

多くのAV男優が性病対策をシビアに行っている

もちろん性病は潜伏期間があるので、検査を受けているからといって性病がないとは言い切れません。

しかしAV男優の多くは、病気になると失業のリスクがあります。そのため病気が感染しないよう体調管理をシビアに行ってますし、撮影できちんと射精できないと困るので、プライベートでセックスを控えていると言われてます。

 

コンドーム着用の撮影の実施

撮影の多くは、コンドームを着用します。生本番のAVでも、モザイクでごまかすためコンドームをつけることが多いです。

もちろん全部ではなく、本当に生でやる撮影もあります。

 

性病を避けるためにAV女優が気をつけること

では性病を避けるために、AV女優はどんな点に気をつければ良いのでしょうか?

 

安心できるプロダクションへ所属する

まず安心して仕事の営業などを任せられるプロダクションへ所属しましょう。コンプライアンス意識が高く、営業力のあるプロダクションであれば、性病などのリスクが少ないお仕事のオファーをもらってきてくれます。

 

リスクの低いお仕事だけ引き受ける

また避妊具着用が必須のお仕事だけ引き受けるようにしましょう。ギャラは安くなりますが、本番行為のないお仕事や、アダルトなことがないエキストラのお仕事もあるので、こういったお仕事を検討してみても良いでしょう。

 

撮影前後の体調管理に気をつける

免疫力が低下している時に、性病にかかるリスクが高まります。そのため撮影前後の体調管理に気をつけて、よく休むようにしましょう。

 

万が一、性病にかかったらどうすれば良いの?

もし性病にかかったんじゃないかと思ったら、まずは病院へ行って検査を受けましょう。そしてプロダクションのスタッフへお話ししましょう。

費用を負担してもらえるかもしれません、他の方にも性病が発症しているかもしれないので、早く話を通して方が良いでしょう。

 

投稿日:

Copyright© AVプロダクションの選び方! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.