AV女優は性病やエイズなどの病気にならないの?

AV女優になる上で、性病やエイズなどの病気のリスクを恐れる女性は少なくありません。

このページではAV女優が病気にならないために必要な知識を紹介します。

 

AVプロダクション側で行っている病気対策

まずAVプロダクションが一般的に行っている病気対策を紹介します。

 

性病検査の実施

まず撮影前には、男優さん、女優さん全てが性病検査を受けなければなりません。

検査結果が陽性でなければ、撮影に参加できません。

性病対策について詳しくはこちら

 

病気にならないようなお仕事を選べる

またコンドーム着用のお仕事や、本番のないお仕事を選ぶこともできます。

 

アナルセックスの前に浣腸、ローションで緩める

アナルセックスは最もエイズになる可能性の高い性行為です。膣の中を傷つけないためにも、アナルセックスを撮影する前には、浣腸やローションで膣の中を緩くします。

 

AV女優が性病やエイズになるケース

続いてAV女優が性病やエイズになる可能性の高いケースをまとめました。

 

・プロダクション側が性病検査を怠っていた

・コンドームなしのAVに出演した

・アナルセックスの際に肛門に傷をつけてしまった

・体調を崩したまま撮影に参加した

 

主にこのようなケースは病気が発生する可能性が高いかもしれません。

 

AV女優が病気にならないためには?

ではAV女優が病気にならないためにはどのようにすれば良いのでしょうか?

 

プロダクション選びは慎重に

まずプロダクション選びは慎重に行いましょう。法令遵守する意識が高く、面接で苦手なことや不安な点についてきちんと質問してくれるプロダクションを選ぶと良いと思います。

安心できるプロダクション一覧はこちら

 

病気のリスクの低い仕事に限定する

ゴム着用や本番なしの仕事を選ぶようにしましょう。

 

しっかり休養し、体調を整える

疲れが溜まっていると免疫力が低下し、病気になりやすくなります。そのため撮影前後はしっかり身体を休め、体調を整えましょう。

 

生理の日と撮影日が被らないようにする

生理中は病気に感染しやすくなるので、生理と撮影が被らないよう気をつけましょう。

生理不順の女性は、病院で処方されたピルを服用すると生理周期が安定します。

更新日:

Copyright© AVプロダクションの選び方! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.