AV女優の対象年齢と年齢と採用の関係について

このページではAV女優の対象年齢について説明致します。

 

AV女優の法定年齢は18歳以上である!

まずAV女優は法律で18歳以上しかなれないと決まっております。18歳未満の女性を出演させた場合、プロダクションやメーカー、各種関係者は逮捕されるでしょう。

そのため18歳以上の女性が対象年齢になります。また18歳以上でも未成年の女性に関しては、保護者の同意が必要です。

 

AV女優として採用されやすい年齢とは?

18歳以上であれば法的には出演できますが、採用されるとは限りません。プロダクションにとっても売上に繋がりやすい年齢の女性を採用したいと思うからです。

プロダクションによって対象年齢は異なりますが、20歳〜20代前半の女性が最も採用されやすいでしょう。

20歳以上であれば法的なリスクを全く負う必要がなく、20代前半であれば売り手市場だからです。

 

高齢でもAV出演できるの?年齢の上限とは

18歳以上であれば問題なく出演できますが、反対にAV女優には年齢の上限はないのでしょうか?

この点、プロダクションによるのでなんとも言えませんが、最長で70歳近くでデビューしたAV女優もいます。

体力や健康に支障を来さない年齢であれば、AV女優になることは可能です。

もちろん採用するかどうかはAVプロダクションの判断に寄ります。

 

熟女系の求人に強いAVプロダクションについては「熟女系に強いAVプロダクション一覧」を参考にしてください。

投稿日:

Copyright© AVプロダクションの選び方! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.